生理痛にエルペインコーワが人気!どんな効果があるの?

MENU

生理痛にエルペインコーワが人気!どんな効果があるの?


生理痛の症状は人によりまちまちですが、痛みは生理直前に始まり1日目にピークを迎え、2日目で治ることが多いようです。

 

痛みについては腹痛や腰痛ばかりでなく、頭痛や全身倦怠感(だるさを感じる)吐き気や食欲不振、下痢なども伴うことが多く実に多彩な部位に変調を自覚します。イライラや怒りっぽくなるなどの精神的症状をともなうことも。

 

生理痛の軽減を図る方法を考える前提として、月経中の身体的変化についての知識を確認しておきましょう。

 

月経は妊娠するための環境整備を子宮内で行っている過程であると考えることが出来ます。
性腺刺激ホルモンが脳の視床から分泌され、卵巣では卵胞細胞が成熟していきます。

 

同時に子宮奥深くの子宮内膜では、精子が卵子と受精し着床できるように厚みを増していきます。
着床すれば胎盤になるわけですが、妊娠に至らなければ子宮が収縮し体外に排出されます。

 

これが月経(生理)です。

 

子宮の収縮を促すのはプロスタグランジンとよばれる物質が体内で生成されるためで、この物質が大量に分泌されると、子宮に過度な収縮が発生し痛みが出ます。

 

これが生理痛です。

 

 

エルペインコーワはこのプロスタグランジンに作用し、生理痛を軽減する効果を持った日本で唯一の生理痛専門専用薬です。
配合成分であるイブプロフェンがプロスタグランジンの過剰な生産を抑制することで、生理痛を緩和するメカニズムを備えています。

 

同時に子宮や腸管の収縮を鎮める成分であるブチルスコポラミン臭化物も配合しているので、Wの配合成分で生理痛を軽減します。
眠くなる成分を含んでいないので仕事中も安心して服用することが出来るうえに、効果は速やか。痛みに襲われたらいつでも服用できます。

 

一回の服用数は1錠で済むうえに、飲みやすい小粒サイズ。
口の容量の小さい女性でも無理せず服用できます。

 

月経は毎月必ず来るものです。
体質的な問題だからと生理痛を我慢して過ごしていないでしょうか。

 

エルペインコーワをうまく使って、毎月の辛い痛みと決別してみてください。